16世紀 ルネサンス リング

16世紀ルネサンスの絵画、画家ラファエロやベロネーゼの描く貴婦人の肖像画にはギャラリーでご紹介しているこの16世紀ルネサンスリングと良く似たリングが描かれています。美しい絵画を資料として掲載しましたので是非ご覧下さい。

こちらは1559年にフレミッシュの画家、ハンス・イワース(Hans Eworth)によって作成された、マリー・ファインズ、デイカー男爵夫人と子息のグレゴリー・ファインズの肖像。

夫人の指にはルネサンスのリングがはめられています。少し見にくいですが、ギャラリーでご紹介しているリングと良く似たデザインの物です。
このような指輪は当時の限られた人々の為だけに製作されたものです。現代に生きる私達が手に取って見ることが出来る事に感謝し、貴重な遺産でもある指輪を次の世代へ引き継いでいく事の大切さを考えさせられます。

ルネサンスの絵画からはこの指輪と同様、失われた時代の重厚で深い美が感じられます。

イングランド女王 メアリー1世の肖像

メアリー1世の侍女と思われるジェーン・ドーマ、フェリア公爵夫人の肖像

巨匠ラファエロによるマッダレーナ・ドニの肖像

 

指輪ははめていませんが美しいので、、同じくラファエロ作 アラゴンのジョアンナ

ヴェロネーゼ作 貴婦人

a8_magnificent-exceptionnal-enamelled-gold-gemstone-renaissance-ring-1_460x382

ギャラリーにてルネサンスのピンクトルマリンの貴重な指輪をご紹介しておりますのでどうぞご覧下さい。

仙波亜希子

アンティークギャラリーソレイユ http://www.antique-gallery-soleil.com/

お問い合わせ info@antique-gallery-soleil.com

携帯電話    080-3364-3978

仏電話番号   0033(0)9 53 53 51 47

skype アドレス  antiquegallerysoleil

メールマガジン Soleil Members お申し込みはこちら

Be Sociable, Share!